スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語の最古の色名が白、黒、赤、青

そのひとつの白は


白:すべての光を反射するもっとも明るい色

   神聖な色とされてきた


純白:完全な白、全く混じりけのない白。


真白:ましろ 純粋な白 精神の気高さを表す想像上の色


銀白色:明るい灰 


雪色:青紫みの明るい灰


鉛白: 不透明度の高い白 鉛からつくる白い粉


月白:青みの白


白磁:白磁のような透明感のある白


他にも乳白色、卯の花色、胡粉色、生成り色、素色、白和幣色、白土


古代の日本人は、白は清浄無垢、潔白を表し、神事に関係のある

神聖な色としていたようです


白にもこんなにも色を分けていた

繊細さとこだわりに日本人の性質を垣間見るようです




ペタしてね

スポンサーサイト

青の花の色

露草色 つゆくさいろ 明るい青紫


文字通り、露草のような色。

露草の花の汁をすりつけて染めていて、

色が落ちやすいことから「うつろう」「消える」の枕詞


http://www.colordic.org/search.php?q=%E9%9C%B2%E8%8D%89%E8%89%B2


勿忘草色 わすれなぐさいろ 明るい青

「フォーゲット・ミー・ノット」の訳語で明治時代からの色名





ペタしてね

月白色

月白色: げっぱく 青みの白


淡い青みを含んだ白


今日はお月さまが見えました

お月さまが出る時の空が明るく白くなるようすは

「つきしろ」と読むらしい


限りなく白に近い水色がイメージ





ペタしてね


桜色

桜色: 紅みの白

紅染でもっとも淡い色


http://www.colordic.org/colorsample/2281.html


もっと淡い色があります


薄桜: うすざくら


薄いとされる桜色よりさらに薄い色


桜色が咲きはじめの色で

散る間際のような薄めの色


桜があれば梅もあります


白梅色: しらうめいろ

紅梅色: こうばいいろ

薄紅梅: うすこうばい

一重梅: ひとえうめ

莟紅梅: つぼみこうばい

梅重: うめかさね


桃色も


花の名前にちなんだ和の色は他のもありますが

桜の花の名前を見るたびに

オーラソーマのイクイリブリアムボトルの

99のボトルのピンクのイメージがあります



ペタしてね

曙 あけぼの 淡い紅赤 


夜明け前の東の空の色、深い蒼の空に下辺の方から

明るくなりはじめて、太陽が出る間際に見える色


ぼかすという配色技法も同時に表現された色


「春はあけぼの。やうやうしろくなり行く、山ぎわすこしあかりて、

むらさきだちたる雲のほそくたなびきたる。」 枕草子


英語の色名で同じ意味はDawn Pink ドーン・ピンク 



ペタしてね

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
RSSフィード
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のトラックバック
FC2カウンター
カテゴリー
最近のコメント
最近の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。